政策・ビジョン

一人ひとりが豊かさを実感し、将来に夢を持てる国を実現する

  • 目指す政治

・柔軟迅速に、環境の変化や危機に対応する、変わり続ける政治
・正直・積極的に情報公開できる政治
・多様性を力として取り入れる政治
・未来への投資(教育・研究)を重視する政治

  • 目指す社会

・格差が是正され、「分厚い中間層」を主体とした社会
・家庭の所得に左右されず、高度な教育を受けることができる社会
・社会人の再教育(リカレント教育)が当たり前な社会
・安心して子どもを産むことができ、年齢を重ねることができる社会
・再生可能エネルギーを中心とした、持続可能な社会 

  • 緊急:コロナ対策 (いつでも臨時病院を設置できる体制を構築、徹底した水際対策、大規模PCR検査、ゲノム解析による感染ルートの特定、第2回目の業種を問わない持続化給付金 等の補償)

  • 政策:

1.科学的根拠に基づいた感染症対策。地域医療を守る。自粛と補償はセット。
2.所得底上げ・格差是正による、個人消費の活性化、実体経済の復活。下がってしまった実質賃金を上げる!
3.隠す・改ざんする・説明しないしない政治からの脱却。積極的情報公開に切り替える。
4.農業者戸別所得補償の復活。

・東日本大震災・令和元年台風19号からの復興と、その先の地域創生
・子ども・子育て予算倍増
・義務教育改革 -「覚える」から「考えて発言する」へ。ディベート(討論)の導入。少人数学級。給食無償化。
・戦略的社会人教育(リカレント教育)の実施
・労働者派遣法 – 派遣労働を真に専門性のある職種に限定
・原発に依存しないカーボンニュートラルを実現 – 再生可能エネルギー・省エネルギー推進
・誰もが必要とするサービス(子育て・教育・医療・介護・障がい者福祉)の充実と、職員の待遇改善
・日米地位協定の見直しと、日米合同委員会への政治家参加
・報道の自由度アップ – 放送機関の監督を、政府から独立した機関が実施